エッチが嫌い(笑)10代の地方出身JDを準即!

本日はアポ。

確か一ヶ月くらい前かな?

連絡先交換をしてからは毎日のようにLINEや電話でマメに連絡を取り、

そのおかげで、ようやくアポに繋がった女の子。

 

地方から来た子で、地方特有の警戒心を持った女の子だった。

 

この子はもう声をかけた時から俺に対して逃げ腰対応で、バンゲ打診をしてもスルー。
なんとか交換することは出来たが、ほぼ強引な形(笑)

 

交換後、「お兄さん、この後ブロックするからね」と言われる始末(笑)

正直、返事なんて絶対にこないだろうと思っていた。

 

だけど、その後LINEの音が鳴る(笑)

ポヨーン

携帯を見ると……

 

「お兄さん、怪しかったですよWWW」

まさかのあの女の子からの返事が来る。
予想外でした。

それで本日アポになったわけですが、アポ直前のLINEがこれ。

 

 

 

 

会う前にこんな事をいうなよ!!!(笑)

やはり警戒心されているな…。。ほんと真面目ちゃんな女の子。
アポ直前にも友達に相談していたらしい。

ただアポが決まるまでの一ヶ月間、温めておいた。
その効果は必ず後で効いてくるはずだと自分に言い聞かせる。

 

待ち合わせの時間がきた。

 

 

ポン太「着いたかー??」

「うん、着いたよー」

ポン太「お、いたいた。久しぶりだねー(笑)」

「そうだね。ってか、前よりももっとチャラくなってるー(笑)」

ポン太「チャらくなってるってどういう意味だー(笑)何も変わってないよ。」

こんな感じの話をして、カフェへ。
まだ女の子はJDとはいえ、10代なのでお酒はアウト。

オレンジジュースで勝負(笑)

 

ポン太「○ちゃん、さっきから下向きすぎじゃない?(笑)」

「えーだって、恥ずかしいんだもん。。」

ポン太「こっち向きなよー」

「やだ!!」

 

雰囲気的にいい感じ。やはり温めが効いている!

仕上がっているに近い。
雰囲気さえ作ってしまおう。

キスだ。

 

顎辺りに手をやり、クイと上にあげる。

その瞬間にキス。

ノーグダ。

 

女は顔を真赤にする。

いやらしい声が少しずつ聞こえ始める。。

 

「ああ…ん…。。」
ポン太「場所を変えよう。マナー違反だ。」

 

そして、場所を変えようと打診。

ホテルイン。

 

ここまでもう来たら正直、自分の中では勝利を確信していた。

だが、予想外な状況へ。

 

キス以上はなぜか、クソ鬼グダ(笑)

まぁ、このパターンは慣れたくないけど、慣れました(笑)

 

友達に簡単にヤってはダメ!
付き合ってからじゃないとダメ!

…とでも言われたのだろうか。

鉄壁のガードを崩せない(笑)

気づけば時計の針は一周していた。

 

 

ポン太「何で嫌なの…?」

「……。。」

ポン太「俺じゃ、嫌か?」

「……。。そういうわけじゃない。」

 

 

このままだと雰囲気も悪くなり、負けアポになってしまう。

よし。ここはもう賭けだ。

 

「極秘ルーティン」を使おう。

その名は「雰囲気ぶち壊しルーティン」だ。

 

女から好意がある。だけど、その好意が即の弊害となっている。
その時に使えるルーティンだ。

 

 

ポン太「もういいよ!!俺はお互い好意があるから、こうなってるんだと思ってた」
       好意がある同士なら、自然と身体を寄せ合う。それは普通な事だよね。」

とだけいい、女を突き放す。

 

結果、

無事に準即ができました(笑)

 

 

 

 

ちなみにこのルーティンは使う時は気をつけないといけません。
ちゃんと相手の心境を把握していないと自滅する事になります(笑)

 

それにしても、女は変わりますな。

 

無事に俺のマグナムを挿入した瞬間、スケベな声を出していましたな。

経験人数をきいたら、一人とのこと。

 

その分、難易度もやはり上がってましたな。

色混ざりのゲッドになりましたけど、経験値の高めなアポでした。