セフレの作り方で最も簡単な方法はコレ!【画像付】清楚系人妻がセフレになった瞬間を大公開

久しぶりに新しいセフレを作ったポン太です。

 

最近、よくメールとかで
セフレの作り方を聞かれる。

 

やっぱり男ならセフレ欲しいよね(笑)

 

僕の読者さんたちは皆、
欲望に素直でうれしい限りだ!!

 

一般的に、
セフレになる女性と出会える
主な場所を挙げると、

 

  1. 職場・学校
  2. コミュニティ
  3. ストリートナンパ
  4. イベントナンパ
  5. 出会い系アプリ

大きく分けて、この5パターンが考えられる。

 

職場・学校・コミュニティ

職場や学校、サークル、オフ会など、
セフレができる場として一番多いのが
この身近なコミュニティ。

 

しかし、
身近なコミュニティでセフレを作るのは
僕はおススメしない。

 

理由は、関係性が自分とセフレだけで完結せず、
周りの人たちにも影響を与えてしまうから。

 

例えば、同僚のOLとセックスだけの関係になった場合、
その関係が終わったとき、周りの目がどうなるか。

 

たいていの場合はマイナスの方向に向かう。

 

恋人関係であれば別だけど、
セフレってなると周りの目もすっごい冷たいもの。

 

なので、よほど仲が良い友達とか以外には
セフレがいることは言わない方がいい。

 

どんなに相手の女性も
セフレって割り切っていたとしても、
批判的な目で見られることが多いから。

 

それから、
身近なコミュニティでセフレを作る場合は、
そのコミュニティを抜けることになっても構わない
っていうことを前提にしておいた方が無難。

 

もともとの知り合いからセフレ関係になった場合、
その関係が終わっても周りを含めた関係性は続くので、
後腐れしやすいからだ。

 

なので、コミュニティ内の女性に手を出すなら、
いざとなったらそのコミュニティごとバイバイするつもりで。

 

ストリートナンパやイベントナンパ

説明不要のストリートナンパ。

 

道で声を掛ける僕も得意なアレだ(笑)

 

イベントナンパは、
路上で虎視眈々と狙うんじゃなくて、
クラブやその他イベント
(野外フェスやハロウィン仮装イベント、etc)など
たまたま居合わせた場所で声を掛けるタイプのナンパ。

 

これらは僕がセフレを作るスタンダードなパターンだ。

 

僕は、路上で何時間も声を掛け続けるよりも、
なんかの縁で出会った美女に声を掛ける
イベントナンパの方が楽だと思ってる。

 

ただ、この方法は
経験がモノを言うところが強いので、
恋愛初心者には向いていないと言える。

 

自分にはハードルが高いと思う場合は、
次の出会い系パターンをおススメする。

 

出会い系

出会い系アプリは、最も気軽にセフレを作れる手段だ。

 

ストリートナンパやクラブなどでのイベントナンパと違い、
女性のルックスを確認してからアプローチするわけじゃないので、
会ってみるまで容姿が分からないっていうデメリットもあるけど、
ハードルが低い分、出会いの数を量産できるのが最大の魅力。

 

そして出会い系アプリは、
女性との経験を積むのに
もっとも手っ取り早い場所だと言える。

 

友達のナンパ師も今はストナンが面倒になって、
出会い系アプリしか使っていないなんて言ってたほどだ。
(それはそれでどうかと思うが 苦笑)

 

出会い系アプリは、
スマートフォンの普及によって
物凄い勢いで認知され、
多くの女性たちが抵抗感なく使っている。

 

ひと昔前なら考えられなかった。

 

セフレを作ろうと思ったら、
身近なコミュニティで頑張るより、
出会い系アプリで探す方が
周りの人間関係に影響を及ぼすことなく、
充実したセックスライフを作り上げることができるので、
まずは出会い系から始めることをおススメする。

 

セフレを作るのに最適な出会い系アプリは?

いま巷で流行っている出会い系アプリと言えば、
ペアーズやティンダーだが
僕はこの2つは使っていない。

 

理由はライバルが多く、
コスパが良いと感じられなかったから。

 

それよりも、今さら感はあるけど、
PCMAXワクワクメールが使いやすく重宝している。

 

これらの出会い系アプリは少し前まで
援助交際目的や、デりヘル業者などが蔓延し
使いにくくなった時期もあったが、

 

2017年、ハッピーメールの社長が
買収防止法違反の幇助の疑いで逮捕されて以降、
業界全体で、スパム業者の取り締まりが強化され、
今は快適に使えている。

 

ライバルであるミーハー男たちが揃いも揃って
今流行りのアプリに行ってくれてるのが特に大きい!

 

流行好きな男たちが
汗水流しながら女漁りをしている中、
僕は冷房の効いた部屋でスマートに
女巡りをしているのだ(笑)

 

で、今回PCMAXで出会って
セフレになったのが人妻のキョウ子。

 

 

■某日:新宿 12時30分頃~

女性のスペック

名前:キョウ子/年齢:25歳/職業:主婦(パート勤務)
/スタイル:普通/ルックス:A(清楚系)/
性格:天然 おっとり/エロ度:ド級エロ/趣味:ピアノ

 

出会いからセックスまでの流れ

出会い系アプリ→LINE交換→アポ→新宿で合流→焼肉→ラブホテル

 

説明

人妻さんっていうことで昼から会う事に。

 

そのためにわざわざ有休を取ったのだ(笑)

 

LINEでやり取りしていて、
恥ずかしがり屋で流されやすそうな雰囲気が
プンプン漂っていた。

 

そのうえ、育ちが良さそうで人妻ときたもんだ。

 

興奮しないわけがない!!

真昼間から人のものにイケない事をする背徳感!

たまらない!!

 

この手のタイプは
本能を剥き出しにするきっかけさえ与えてやれば
超ド級のスケベ女に変貌しやすい。

 

その姿を見るためなら有休を使う価値はある!!

 

合流し、焼き肉屋へ

改めて思うと、昼間から人妻と
肉を頬張るシチュエーションって興奮する!

 

エロい!

 

話してみると、パート先の人間関係や
家事のストレスがヤバくて
出会い系アプリをインストールしたとのこと。

 

家庭のために家事も仕事もがんばる
典型的な真面目系人妻だけど、
出会い系アプリを使って男に会ってる時点で
欲望に負けてるよな(笑)

 

キョウ子の周りの人間はみんな
まさかキョウ子が出会い系で男漁りをしてるなんて
想像もしてないんだろうなって思う。

 

だってほんと育ちが良さそうな雰囲気が漂ってるもん。

 

この子をセフレにしたい!!

 

久しぶりにハンターの血が騒いだ。

 

真面目系タイプってことで、
一見難易度が高そうに感じるかもしれないけど、
ストレスを抱えた人妻ほど落としやすい女はない。

 

僕の経験から、すぐに足を開くし、
セックスがしたくてしたくて堪らなく、
セフレが欲しいと無意識に感じていることが多い。

 

出会い系を利用している人妻は総じてエロい!

性欲は強いけど旦那とは
セックスする気になれないっていう人妻は多い。

 

人妻にとってセフレとの時間は
日頃のストレスや閉鎖感を発散する場。

 

だから、未婚女性に比べて、大胆で、
こちらのエッチな要求も抵抗なく
応えてくれる傾向にあるわけだ。

 

ちなみに僕は変態だから、色々やってもらう(笑)

 

てか性癖ってみんなもってるはずだから
表に出してないだけでみんな変態だよね?(笑)

 

セフレが欲しいって願っている人妻は
セックスの快楽だけじゃなく、
精神的な癒しも欲していることが多い。

 

今回のキョウ子もまさにこれを強く求めていた。

 

「女としての存在証明」を求めていた。

 

未婚女性の中(特に高学歴女子のようなエリートタイプ)
にも同様の癒しを求めている女性がいる。

 

「この人といる間は、女として輝ける」
と女性に思わせることだ!

 

セフレでいさせるコツはコレ。

 

この場合、
セックスは快楽を得るための1つの手段という一づけで、
事あるごとに女性の自尊心を刺激する。

 

実は、変態プレイもそれに効果を発揮するのだ。

 

「こんないやらしいことをしている私」
とシチュエーションに酔わせるわけ。

 

ただし、過度に不潔なプレイや痛いプレイ、
私生活に影響が出るプレイなどは
冷めるきっかけに繋がるので基本NG!

 

事前に相手が望んでいるかどうか
しっかりと確証を得てから行うこと。

 

女がビクンと反応する心理を刺激する

「女としての存在証明」を与える方法もセックスと同じで、
女性がビクンと反応する心理を刺激し続けること。

 

何が存在証明になるかは女によって異なるので、
これは相手を見ながらということになる。

 

ただ、単に褒めれば良いってことではない。

 

それは逆効果になることが多い。

 

褒めてばかりだと女よりも自分が下の立場になってしまう。

 

それだと、オスとしての強さを感じられなくなり、女は離れてしまう。

 

だから褒めるのは
「ここぞ」っていう時に限定して
それ以外は他の方法で刺激する。

 

その方法として強力なのが「非日常」を感じさせること。

 

普段の生活では得られない体験や感情を与えることで、
その女性にとって唯一無二の存在になることができる。

 

例えば、変態的なセックスをするのも非日常を演出する手段だ。

 

アナルセックスは本来、男性が快感を得るものであり、
前立腺の無い女性に対しては身体的には意味がない。

 

それでも女性のアナルに挿入するのは効果的。

 

理由は、アナルセックスにより、
女は背徳感や堕落間といった非日常性を抱くからだ!

 

で、そんな経験を共有できるのは、
特別な男性だけだという認識になる。

 

自分のすべてをさらけ出して、
脳が溶けるようなセックスに至るには
自己解放が必要不可欠。

 

それには非日常体験を小さいことから徐々に積み重ねていき、
最終的には二人だけのディープな世界に没入する。

 

夫に内緒でエロい服を着させられるのも
淫語を口にさせるのも同じ理屈だ。

 

ただし、恋愛初心者が段階を踏まずに、
いきなり過激なことを強要するのは絶対NG!

 

軽い事から少しずつ非日常の階段を上がらせ、
気づけば戻れない二人だけの世界にいざなう。

 

そこに至れば、
セフレ関係は絶対に続く!

 

以上のことを意識して人妻キョウ子にクロージング

■和みトーク

昼間から焼肉っていうシチュエーションを活かし、

 

「俺たち、ぜったいに肉食系動物だよね」

「普通、平日の真昼間から肉を頬張るとかライオン並みでしょ」

 

と、非日常感を意識させると同時に、
下ネタとクロージングへの布石を軽く打つ。

 

食いつき感あり、出だし良好。

 

■恋愛トーク

好きって言われて
それまで何とも思ってなかった人を好きになった事がある。

 

押しに弱いタイプ。

 

誰もいない砂浜を夜二人で歩くデートを
一度でいいからしてみたい。

 

■下ネタ

序盤の肉食系動物から、
エッチは責める方か、それとも責められる方が好きなのか?
という話題に繋げる。

 

■スキンシップ

髪が綺麗な子ってことで、
「キューティクルちゃん豊富な髪って言われない?」
って言いながら頭を撫でる感じで髪を触る。

 

で、ついでに
「ほっぺたもぷるんぷるんしてるじゃん。」
と言いながら、ほっぺたを指先でツンツン。

 

■グダ崩し

結婚グダ。

 

「既婚者とかそういう肩書はたまには捨てて
純粋に女として楽しむ時間も大事だと思うよ」

 

「いつも真面目にがんばってるんだから
今日くらい羽根を伸ばしても罰はあたらないでしょ」

 

からの

 

「肉食系動物同士がこのまま
おとなしく帰るとかありえないし」

 

とユーモアクロージングで、ラブホテルへ。

 

ラブホテルIN

部屋に入り、
キョウ子はカバンをソファに置くと、
部屋の明るさが気になったのか
ベッドに乗っかってすぐさまライト調節をし出した。

 

ベッドから降りると
すぐさま僕は後ろからハグしてキスをした。

 

キョウ子はまったく
抵抗することなく僕に身を預け、
手を握りながら舌を絡ませてきた。

 

上に来ている服を脱がし、
ブラの間から、可愛い乳首を取り出し、舐める。。

 

あぁぁぁん。気持ちいい

 

しょっぱなからこの反応。

 

非日常感によって興奮度が上がっているに違いない。

 

今、変態チックなことをしたら
キョウ子の興奮度は間違いなく上がる。

 

そう確信した。

 

「普段できない気持ちいい事してみよっか」

 

と言いながら、部屋に備え付けてある
電マを取ってコンセントに刺し、
キョウ子のスカートをたくし上げ、
デンマを股間部分に当てると、

 

んーーーー、あぁぁぁぁ。いやぁぁぁぁ

 

感じ過ぎてしまっているようだった。

 

1人では、立っていられないので、
僕の肩にしがみついている。

 

もう我慢できないようで、足も震えだしている。

 

「逝きます…」可愛い声で…

 

そこから、彼女をマッサージチェアに座らせて、
両腕は、拘束具で固定して、後ろ手にした。

 

そして、脚を開かせて、パンティを脱がし、
割れ目を広げ、クンニを。。

 

いい。。もっと。。あぁぁぁ

 

キョウ子のク〇トリスは、
敏感にも反応して愛液が流れてくる。

 

うぅぅ、いいです…

 

もっと舐め上げ、感じている。

 

そこへ、指を入れると更に愛液がヌルっといやらしい。

 

キョウ子「あぁぁぁ。恥ずかしいです…
こんなに明るいところで…いや」

ポン太「ここが、Gスポット」

キョウ子「はい、気持ちいいです…」

ポン太「この奥が、子宮口だね」

キョウ子「あ、あぁぁぁ変な感じです…」

 

そんな会話をしながら、
ぐちょぐちょに濡れたおまんこに
デンマアタッチメントをつけて挿入した。

 

あぁぁぁぁあ…おくが、奥が当たって…
気持ちいいぃ、あぁぁ

 

キョウ子の肉体は、凄い勢いで反応していた。

 

それから、脚を固定して、更に攻めた。

 

奥が気持ちいい。。と言っていた彼女は、
もう何度も体をよじらせ、僕の手をはねのけながら、

 

「逝きます…逝かせてください…」

 

少し、ここでアタッチメントを抜くと、

 

「あぁぁぁ、意地悪は辞めてください…」

「逝かせてください…もう逝きたいです…」

 

こんなことを繰り返しながらキョウ子の
エロくムチムチした色白の体は絶叫とともに
さんざんマッサージチェアで彼女を犯したあとは、、
彼女から物凄い汗がでていた。

 

当然、チェアの下も濡れていた。

 

少し潮を吹いたようだ。

 

ポン太「こんなにびちょびちょにしていやらしい女だね」

キョウ子「は、はい、いやらしいです…
もっと、いやらしくしてください、ポン太さん…」

 

ここでベッドへ彼女を運び、まずは乳首から。

 

そして舌を出すようにいうと舌を出し、お互いに絡ませた。。

 

そしてバイブをそっとすこしづつ挿入した。

 

あぁぁぁぁ、いいです

 

ク〇トリスにも当たる振動と、奥の振動が一緒になる。

 

少し抜き差しをすると、抜くときに、

 

あぁぁぁ、いやです…抜かないでください…

 

両足を高く持ち上げ、バイブを深く差し込む。

 

もっと、も、もっとついてください…あぁぁぁ、、いやぁぁぁぁ

 

気持ちいいのか、腰がグランインドし、30㎝以上高く跳ねあがった。

 

また逝きそうです…逝かせてください…

 

キョウ子の肉体は、感じやすく何度も逝く…

 

バイブと、まだアタッチメントしか使っていないのに…

 

それにまだ僕の肉棒も入れてないのに…

 

何度も絶頂を迎えてしまったキョウ子。

 

「クリトリスよりも、中が気持ちいいです…」

 

その言葉に触発され、今度は、M時開脚に縛り上げ、
違うデンマアタッチメントを挿入した。

 

このアタッチメントにゴムを被せ、
彼女のおマ〇コにゆっくりと挿入した。

 

キョウ子「あぁぁ、、気持ちいいです…振動が、、だめぇぇ」

ポン太「もうやめようか?」

キョウ子「あぁぁ、、いやぁぁぁ、、続けてくださいぃ…」

 

乳首にも、刺激を与え、口には僕の指を。

 

夢中で舐める。

 

デンマは縄で固定して、
僕の肉棒を口のなかに差し込みイマラチオを。

 

喉の奥が当たって、感じる。

 

げほげほとむせるキョウ子。

 

アタッチメントを出し入れすると、

 

あぁぁぁあ、だめぇぇぇ、逝きます

 

出し入れと同時に全身を震わしていった。

 

僕の肉棒をここでそっと挿入して突き刺す。
肩に両足を担いでゆっくり腰を振る。

 

奥が奥があたって、、、気持ちいぃ…

 

松葉崩しをしながら、ゆっくりと攻める。

 

そしてバックでも攻める。

また逝きそうです…もっと奥まで…

 

なんて貪欲なんだろう。完全な雌犬だ。

 

とても、真面目で清楚な若奥さんには見えない。

 

そんな彼女を抱きしめ僕はいかずにそっとキョウ子だけ逝かせてあげた。

 

彼女をベッドに寝かせ、
デンマアタッチメントがいいと言うので
更にそれを使って攻めた。

 

いやぁぁぁ…あぁぁぁぁ

 

腰を何度もグランインドさせながら逝く姿は素敵だ!

 

ここでアナルに指サックをして
垂れてきた愛液を塗り、軽く挿入。

 

キョウ子「きゃぁぁいぁぁぁぁぁ…そんなとこ…汚いぃ…恥ずかしい」

ポン太「汚くなんかないよ…キョウ子のここ綺麗だよ…」

キョウ子「あ、あ、あぁぁぁあ…気持ちいいです…」

 

アナルに指を出し入れしながら、
おマンコに入れたアタッチメントも出し入れし、2穴攻めに。

 

絶叫とともに彼女は落ちていった。

 

沢山の汗と潮でシーツがびしょびしょ…

 

数秒後、キョウ子は僕の肉棒を触りながら、

 

「ポン太さんの逝くところを見たいです」

 

彼女の手こきに20秒程度で、
あえなく逝きそうになってしまった僕は
さすがにここで逝ってしまうとカッコ悪すぎだと思い、
すぐさま、正常位で挿入。

 

前戯が長すぎてその間溜まりすぎたのか
ヤバい、入れた瞬間に逝きそうだ…

 

耐えに耐えても10秒が限界だった…

 

「逝く」とも言えず、出してしまった…

カッコ悪すぎ…

 

キョウ子は思わず笑った…

 

でもそれはバカにした感じの笑いじゃなく、
母性本能からくる笑いだとすぐに分かった。

 

それは次の日、LINEでやりとりした内容を見てもわかる。

セフレ決定!!

 

これは、早漏でも前戯を丁寧にすれば
女を満足させることができる
という証明にもなったのではないだろうか?

 

まとめ

僕のナンパ仲間達の多くは、
セフレっていう存在を持っている。

 

彼らの話を聞くと、みんな
セフレとのセックスは恋人とのセックスより濃密で
過激になる傾向が強いって言う。

 

基本的にセックスだけの関係になる男女は
お互いに自分を晒けだしやすく、
その分、性癖に正直で、快感に貪欲になるからだ。

 

結婚してる男だったら、
妻にフ〇ラをさせたことがない
って人も多いらしい。

 

これがセフレになると、フ〇ラどころか
もっと過激なプレイを繰り返している。

 

浣腸して我慢させながらの手マンとか(笑)

 

そうした性に正直なセックスは人生の満足度を上げるのだ。

 

やりたいことを抑制して、
我慢し続ける人生って
絶対あとで後悔すると思うんだよね。

 

人生一度きり!

後悔先に立たず!ち〇こ勃たず!

 

※音が出ます(キョウ子との音声です)

 

 

【セフレ関連記事】

→ 某私立病院の看護師に生ハメしたらセフレ懇願してきた決定的瞬間

→ セフレの偏差値70超え高学歴ビリギャルフリーターFカップ巨乳23歳に唾液たっぷりヌルヌル手〇キ付ねっとりバキュームフ〇ラ連続攻撃をされた件

→ SNSでエロとは無関係のお嬢様育ち照れ屋な大手銀行OLと出会ってエッチした秘密の記録【身バレ絶対NG】

→ 絶対にセフレにしてはいけない色白小柄新卒OLを渋谷地下鉄出入口前でナンパして驚く程の精子を口〇発射して「いっぱい出たね」と言われた件

→ 恥ずかしがり屋な就活生とお風呂に入らずセ〇クスしてセフレに!羞恥を煽られて赤面した様子に興奮度MAX!

→ 超性欲旺盛で欲求不満のテクニシャン保育士と満喫でハメることに成功

→ 今の悩み&清楚系セフレとデート

→ 渋谷のアトムで20歳のパリピ美容師をコンビ即