出会い系アプリで出会った予想外の美人ギャルをお持ち帰り即日SEX

某日:

 

珍しい形で出会った女の子とアポが決まる。

 

実はその女の子は、ナンパで声をかけて捕まえたのではなく
ネトナンで捕まえた子(笑)

 

最近、本業が忙しい部署に移動する事が決まってしまい、
ナンパする時間を確保する事が難しい状況になってしまいまして。。

 

それで、効率よく女の子を捕まえて良い思いするにはどうしたらいいかなと
考えた末、思い浮かんだのが「ネットナンパ」だったのです(笑)

 

基本的に出会い系アプリを利用する女の子は癒しを求めていたり、
寂しがり屋だったり、メンタル的に不安定な子が多い傾向がある。

 

実際、僕のナンパ仲間達もネットナンパで捕また女の子との即率はかなり高め。

 

路上ナンパで結果を出すことができない人でも、
ネットナンパでは即れている場合が多いのです。

 

時間効率も良く、案件の難易度も下がるので、一石二鳥。
今、忙しい状況の僕にはぴったりなのである(笑)

 

ちなみに使ってみたアプリはワクワクメールです。

 

知名度もあり、会員数も多いので無難に
この有名な出会い系サイトを選んでみました。

 

で、今回ワクワクメールで見つけた子と
LINE交換に至るまでのやり取りの一部がこちら。

某日、お試しでやってみたネットナンパでアポが決まる。

 

初めてのネットナンパだったので不安しかなく、
変な汗をかきながら待ち合わせ場所である渋谷のTSUTAYA前で
ドキドキ状態で女の子を待っていた。

 

17時00分~:

待ち合わせの時刻を迎え、僕の目の前に1人の女の子が現れる。

 

白ギャル「お待たせ♩初めまして、ポン太さん、宜しくお願いします(笑)」

おぉ〜!!Σ(・□・ ;)めっちゃ、可愛い。。

ポン太「どもども。あんまりこういうの慣れてなくて(笑)」

白ギャル「ほんとですか?wメッチャ、慣れてそうですよwってか、チャラそうw」

ポン太「まだ会って数分でチャラそうってwまぁ、正解かもしれないよ?(笑)」

白ギャル「(笑)」

 

正直、出会い系サイトを利用するような女の子なので
天使のような可愛い子と出会えるなんて期待していなかったから予想外(笑)

 

年齢は20歳。キュートなタレ目に、Tシャツの上から見てもハッキリ分かる巨乳の持ち主。

 

巨乳、そして童顔が大好きな僕からしたら、大当たりでしかない(笑)

 

ポン太「とりあえず、 一緒に散歩しよっか♩」

白ギャル「散歩?(笑)」

ポン太「陽気なお兄さんとお散歩も楽しいだろ(笑)」

白ギャル「まぁ(笑)」

 

即お持ち帰りでいけるかどうかを見たかったので、散歩の流れにして会話をしてみる。

 

18時00分~:

渋谷のセンター街を散歩。

 

ポン太「あのさ、サイトで良く会ったりするの?」

白ギャル「うーん、あんまりないかな。」

ポン太「ほんと?昨日ぶりとかじゃなくて? (笑)」

白ギャル「違うから(笑)」

ポン太「昨日、渋谷で男と歩いてるの見たぞ(笑)」

白ギ ャル「イジワルしないで(笑)」

 

最初の段階で主導権を握れていたので試しにイジってみたところ、良好な反応。

 

Mっ気が強そうな感じがしたのでSEXもエロそうだなと勝手に妄想。

 

1つ気になっていたのがこの子との体の距離感だ。

 

散歩している時、お互いの体の距離はなぜか異常なくらい近かった。
CLUBか!!みたいな。

 

さりげなく密着しても拒否反応がない。

 

この時点でこの子はイケるなと確信。

 

即、家へのお持ち帰りを決定しました。

 
流石、ネトナン案件(笑)

 

ポン太「あのさ、この辺でオススメ の飲み屋さんがあるからそこに行こうよ」

白ギャル「うん!!いいよ♩」

 

19時00分〜:

飲み屋という名の自宅に到着。

白ギャル「ここ、家じゃんw」

ポン太「家に見えるけど、お酒があるから飲み屋だよ(笑)」

白ギャル「(笑)」

ポン太「(笑)」

 

何のグダもなく、自宅に連れ込み成功。

ネトナン案件とはいえ、こんなにもEAZYなのか?とビックリしたが、楽に勝るものはなし!

白ギャルという名のブランドを持つ女の子のエロい体を堪能しようじゃないか(笑)

 

ポン太「部屋さ、散らかっていてごめんね」
   「はい、チューハイ」

白ギャル「ありがとう(^ ^)」

ポン太「乾杯♩」

白ギャル「乾杯(笑)」

 

乾杯と同時に肩を寄せ合いながら、女の子の腰に手を回し、たわいもない話をした。

 

これから、30分くらい経っただろうか?

 

段々と女の子のテンションが上がっていき、
やや肉食系になり始めてきた(笑)

 

僕はそのタイミングを逃さない。

 

ポン太「あのさ、俺マッサージ師なんだけど肩凝ってない?」

白ギャル「めっちゃ、肩凝ってる」

ポン太「マッサージしてあげるよ」

白ギャル「してー(笑)」

 

女の子は違法マッサージ店が行うような
マッサージだとも知らずに施術を受ける事に(笑)

 

そして、僕は健全な男性マッサージ師が触ることは
まずない部位を平然と触るのである。

 

その部位とは世界中の男が常に触っていたいであろう女の「オッパイ」だ!

 

後ろからギュッと抱きしめながら、両手で乳房を優しく揉みほぐす。

 

その瞬間、女の子の口からイヤらしい声が漏れる。

 

「あっ。。。」

 

どうやら、女の子は完全にエロスイッチが入った様子。

 

その姿に釣られ、僕自身の責めもどんどんレベルが上がる(笑)

 

優しくベッドに押し倒し、ソフトなキスからハードなキスへ。

 

女も興奮してきたのか、唾液をまとわりつかせた舌でいやらしく僕の行為に応えてくる。

 

「ああん!!」

 

キスだけで感じてしまう女の子。。

 

中々、こんな敏感な感度の持つ女の子はいない。

 

この段階でアソコの濡れ具合を確認する必要はないと察した。

 

その後は、一旦身体を離し、女の子に見えるようにコンドームを装着する。

 

ポン太「この太いのが欲しいんでしょ?」

白ギャル「うん。。(照)」

 

そう耳元で声をかけ、正常位の体制にさせ、ゆっくりと奥まで挿入。

 

あったかい。。。

 

この暖かさは、かなりの濡れ具合でないと味わえない暖かさだ。

 

僕は無我夢中で、子宮に届く勢いで腰をイヤらしく振り続けた。

 

ポン太「おかしくなりそう?♪」

白ギャル「うん!!やばい!!ああん!!!(照)」

 

腰を振るスピードが速くなれば速くなるほど
女の子の喘ぎ声の声量は、増していく。

 

10分近く緩急をつけながら、ピストンをしていると
ようやく僕は発射の前兆を感じる。

 

息子の温度もピーク。

 

その瞬間だった。

 

ポン太「ふぅ。。。。(*´ω`*)」

 

精液をゴムの中に一滴も残さず放出。

 

無事、初のネットナンパで即を達成する事ができた瞬間でした(笑)

 

女の子は、満足した表情でお着換えをしています(笑)

 

今回のアポはストリートナンパとはまた違った刺激で不思議な感じでしたけど、
路上で声をかけるのに抵抗がある人には
ネットナンパはアリなんじゃないかなと思いました。

 

今後、僕自身ネットナンパにも力を入れていき、そういう人達にも
お役に立てるような内容をお伝えしていけたらなと思います♪

 

※音が出ます(美人ギャルとの音声です)

 

記念すべきポン太が最初にネットナンパで美人ギャルをGET成功した場所はこちら

 

 

ps

読者さんからの報告。

読者
読者

会話術を実践してきました。

 

声掛けするまでの観察力や入り、和みの部分を学びました。

 

実践では声掛けの際にどういう会話をするかストーリーを考えてから声を掛けることによりスムーズに話せるようになりました。

 

ありがとうございました!

 

スト/24/保育士/即

終電前にコンビニの前で声かけ居酒屋in。

 

もちろん終電なくなりパレス搬送。

 

多少グダるも崩した後はエロかったです。

 

すぐにイッてしまい早いと怒られましたw