新宿で中国人JDを直満喫でGET。即。

本日は新宿スト。

仕事終わりにそのまま出撃。

いや~それにしても、外は寒いですな(汗)

 

ただ寒さに負けていたら、女には勝てないと思い気合を入れる!!(笑)

早速、完ソロモードで声掛け開始。

新宿の街をブラブラと歩いていると、バンゲされている案件を発見。
スタイルがよく、背が高い。

 

よし!これはいくしかないと思い、
バンゲが終わるまで近くで待機。

 

解散した後、追跡して声掛け。

 

 

ポン太「こんばんわ。めっちゃ、声かけられてるねー?
    新宿でモテモテじゃん(笑)」

「ダレデモ、コエカケラレルノダヨ」

ポン太「あれ?日本人じゃない?」

「ソウ。ワタシ、チュウゴク」

 

 

最初から好反応。

これはイケそうな気が(笑)

 

女の子と会話をして聞いてみると、
ちょうどバイト終わりで帰るところだったらしい。

特に明日も予定はないとのこと。

 

なので、そのまま満喫へ連れ出し。(笑)

 

 

 

 

ちなみに、今回は自信を持って直満喫へ行けると確信出来ていた。

何故かと言うと、連れ出す前の段階であるワードを確認することが出来たから。

 

 

それは、「寂しい」というワードだ。

なのでそのワードを拾い、

 

一緒に寂しさを埋めおうという流れに持っていった(笑)

 

 

満喫へ入ってからは、いつものような流れに持っていく。
手相ルーティンで、ボディータッチ。

 

 

ポン太「手相見てあげるよ。」

「ホント?」

ポン太「どれどれ…あ、これ寂しい線じゃん(笑)」

「エ?(笑)」

ポン太「うん。ここの線がこうなってるとね、寂しがり屋が多いんだ」

「ソウナンダ」

 

 

からのギラ。(笑)

雰囲気を作って、そのままキス。
ノーグダ。

胸を責める。
女はいやらしい顔にどんどん変わっていく。

 

そのまま押し倒し、キスをしながら、服を脱がす。
目もだいぶトローンとなり、仕上がりは確信。

 

もうここまできたら、トークはいらない(笑)
後はエロスイッチをオンにさせて、発情させればいいだけ。

 

胸舐めから、徐々に下半身のほうに手を持っていく。

 

アソコに指をいれた瞬間、女は感じ始める。
ビクンビクンと小刻みに動く身体、見ていて興奮する。。

ただ、どうしても一つ気になることが。。

 

それは、喘ぎ声が大きい(笑)
中国人は大きいのか?(笑)

 

「オウ…!!キモチイ…」

 

ポン太「少し声は小さくで!!(笑)」

 

あまりにも声が大きいので、俺の手を女の口元へ(笑)
最後はそのまま口に手をやりながら、正常位でパコパコ。
俺のアソコは締りの良いアソコの中で尽き果てました。

即完了。

 

 

 

 

いやー今回の女の子はほんと声が大きくて焦りましたね(笑)
口元に手を持っていきながら、パコる技術はほんと必須。

 

過去にゲットした女の子にも喘ぎ超えが大きい子がいたから、
この口元に手を持っていってパコるテクは知っておくと便利ですよー(笑)

 

そして、今回の中国の子なんですがスタイルも胸もあって割りと全体的に満足。
やっぱり相手の身体のラインとかは重要だな。

 

ほんとは日本人が好きなんだけど、
中国もありだなと思えた日でした。

 

今後キープ化して、定期的に会う方向で行こう(笑)