新宿で地方キャバ嬢をナンパ。満喫で即~SEX

本日は新宿の街で出撃。

この街は正直にいうと、
あまり好きではないんだけどね(笑)

 

何故かと言うと、だいたい声をかけると夜の女ばかりだからだ。

変わり者も多い。でも、いい子もいるんですけどね。

でも、この街は良い部分もある。

 

それは即がしやすい事。

 

SEXをしたいなら、間違いなく新宿がベストな気がする(笑)

即を量産したいなら、新宿。

 

6年くらいずっとナンパをしてきて、
明らかに新宿で即が圧倒的に多いしね。

 

ちなみに今回の女の子はキャバ嬢。かなりタイプ。

 

しかも、小柄で童顔系女子。

 

駅から改札に向かって歩いている女の子発見。

声掛け。

 

 

ポン太「おつかれー。もう今日は帰っちゃうんのー??」

「うん。もう今日は帰る。お姉ちゃんの家にね。」

ポン太「一緒に住んでるのかな?仲良しだねー」

「仲良しだよ。ってか、岩手からライブのために来たんだよね。」

 

 

他愛もないトークから笑いを混ぜつつ、立ち止めさせる。

話を聞いてみる。

どうやら、ライブのためにわざわざ新宿にきたらしい。
10代のキャバ嬢でバンギャ。

 

東京にきたら、近くのお姉ちゃんの家にいつも泊まってるということ。

 

バンギャ系って系統的にいつも僕は反応が悪いんだが、大丈夫か?
心配したが、今回は良し(笑)

 

というわけで、あーだこーだいってそのまま満喫へ連れ出し。

 

 

 

 

早速、手相タッチ作戦実行(笑)

 

 

 

ポン太「そうえばさ、俺手相の勉強していているんだ。だから、手を見せて?」

「マジでー?はーい。」

ポン太「ここが生命線っていうんだけど、この線は何か分かる?」

「わからないなー」

ポン太「これは、エロ線っていうんだよ(笑)」

 

 

この作戦は本当に勉強しているかのように振る舞う。

なおかつ、楽しい雰囲気を出していくというのがポイント(笑)

どうしても個室だと、緊張したり、
警戒されるのでやんわりさせる必要がある。

 

それからは、徐々にタッチに移行。
女の肩を寄せる。

そのままキス…。

小柄な身体の割に、唇はボリュームがあり、最高。

勿論、女はノーグダだ。

それからは、パイモミ。
小柄だから胸は期待はしていなかったけど、胸はCカップ。

 

キスと胸と特技の耳舐めの三点責めで、いやらしい気分にさせる。

ここまできたら、もう勝利は目の前。

女のエロスイッチはOFFからONへ…。

 

下着の上に手を持っていく。
女の子は濡れていた。ニオイも無し。

 

その瞬間、とろーんとした目で俺の顔を見つめてくる。

 

ONの状態になると、女はこの顔に必ずなるのだ。
この状態になったら、下を責めるべし。

 

徐々に焦らしながら、パンツの隙間から指を入れ、手マン。

いやらしい音が静まり返った個室の空間に響き渡る…。

 

ちなみに女は音に興奮する生き物。

 

 

五感をフル活用させ、より興奮させるべき。

いやらしい音によって、女は濡れている自分を再認識。

いやらしい自分に対して羞恥心を覚え、より興奮するのだ(笑)

 

そして、挿入を試みる。

ここで、まさかのグダ。

何故だ?

 

グダの理由は何なんだ?
GETする上で必要な部分は全て埋めている。

女に問いただしてみた。

 

 

ポン太「どうして嫌なのさ?」

「怖いの。」

ポン太「怖い…?もしかして、処女?」

「処女じゃないけど、中に入ると怖いの。」

 

 

本当の理由を掘り出していく。

 

どうやら穴に入る瞬間、入った後が怖いらしい(笑)

なんだそりゃ?って感じだけど(笑)。

とにかくガードが硬い。

 

粘ってる途中、もう帰ると言い出したので引き止める。

 

再度、ゆっくりと和み。
話も一気に変える。

 

楽しい雰囲気に持っていく。
再度、イチャイチャ。

 

挿入…。

グダ。

 

ポン太「分かった。先っぽで今回は我慢するから(笑)」

「しょうがないなー」

 

 

約束通り、先っぽイン。
指でいうと、第一関節くらいだ。

だが、俺はこのままでは終わらない。さきっぽだけで気持ちよくさせる。

 

 

ポン太「どう…?先っぽだけだと物足りなくなるでしょ?」

「……。。」

ポン太「恥ずかしくて無言になっちゃう感じ?」

「…うん。」

ポン太「もっと勢い欲しいでしょ?」

「…うん。」

 

合体。
ようやく、GET。

 

 

 

 

帰りは、仲良く手を繋いで駅まで見送って解散。

 

いや~長い戦いだった。
ただ性格もよかったし、満足。

 

ただGET出来たは、エロイ雰囲気にさせた。気持ち良くさせた。
この二点な気がするが(笑)

 

でも、良い勉強になった即でした♪