欲求不満のエロすぎる巨乳人妻と出会ってパイズリ中出し!不倫若妻の「ぷるるん♪」と揺れるHカップましゅまろおっぱいにフル勃起

久しぶりに人妻をGETしました。

 

しかも巨乳!

そして色白!

 

人妻でも26歳の若妻だからまだまだ肌に弾力もある。

 

エロさだけを求めるなら最高の条件じゃないか!

 

実際めっちゃエロかったし。

 

改めて

 

エロい人妻って最高!!

 

 

って思います。

 

人様の大事な宝物に裏でこっそり
あ~んなことや、こ~んなことをして
イタズラしちゃう背徳感といったらそれはそれは…

 

もおおお…堪らない!

旦那からしたら、

 

「この巨乳はオレだけのモノだ」

 

って思ってるはずでしょ。

 

でも実は知らないところで、
その巨乳が他のオスの手によって
もみくちゃにされてる!

 

最高に興奮しませんか?

 

僕は独占欲の強い旦那を持つ
人妻であればあるほどセックス中、

 

お前の自慢の美人奥さんは今浮気してるぞ!

 

オレの前で足をおっ開いて
イヤらしいマン汁を垂らしまくってるぞ!

 

オレの上でHカップの巨乳おっぱい
ぷるんぷん揺らして喘いでるぞ!

 

こんなことを考えちゃいます。

 

考えれば考えるほどビンビン勃起状態になります。

 

お前最低だな!!

 

って言われちゃうかもしれないけど、
男ならこの気持ち、ちょっとは分かるでしょ?

 

分からない?

 

ウソだウソだ!

絶対わかるはず(笑)

 

 

まあいいや。

 

巨乳人妻ミサエのスペック

名前:ミサエ/年齢:26歳/職業:主婦(パート探し中)/スタイル:普通体型の巨乳/
ルックス*B+(若いころの小林麻央に表情が似てる)/
性格:明るい/趣味:ショッピング/その他:

 

Hカップ巨乳人妻との出会いからセックスまでの流れ

出会い系アプリ→LINE交換→教育→アポ→池袋で待ち合わせ→居酒屋→ラブホテル

 

今回、Hカップの巨乳人妻ミサエと出会った場所はこちら

 

LINE交換後、いつものように
LINEテンプレートで教育をしたわけですが、

 

今回はLINE教育の段階でかなりエロネタを深堀して、
90%以上仕上げておきました。

アポ前の段階でここまで仕上げておいたので、
会ってからの駆け引きはぼぼゼロでOKです!

 

まぁ、

 

出会い系に出没する人妻の目的=セックス

 

って僕は基本こう考えているので、
会う前の段階で、仕上がっていなかったとしても、
出会い系で知り合った人妻に対しては
そんなに駆け引きはしないんですけどね。

 

「人妻とセックスする方法を教えて下さい」

 

ってよく聞かれるんですけど、

 

ただ人妻とセックスしたいだけなら
そんな難しい事考えなくても
出会い系で日常生活に退屈していたり
不満を持っている人妻を見つけて誘う。

 

平たくいえばこの方法で全然いけますよん。

 

(彼女らの多くは、
欲求不満で自分を女として見てくれる
優しい男とヤリたいと強く願っているからだ。)

 

■某日 池袋北口 17時ごろ 

5分前に待ち合わせ場所に到着した僕は、
期待(股間)を膨らませながら
巨乳人妻のミサエが来るのを待っていました。

 

すると、LINEに
「着きました~」というメッセージ。

 

辺りを見渡してみると、
1人、きょろきょろしてる女性を発見。

 

目が合った瞬間、女性は二コリ。

僕も軽く会釈をしながらニコリ。

 

無事、

 

巨乳人妻のミサエと待ち合わせ成功!

 

ミサエの恰好は
パートの面接終わりということでリクルートスーツ姿。

 

そのせいか、Hカップの巨乳は目立っていない。

 

でも、色白で若いころの
小林麻央を彷彿とさせる顔の雰囲気で、
色気が全身から漂っていました。

 

ポン太「ミサエ様でしょうか?」

ミサエ「はい(笑)」

ポン太「あーよかった。間違ってなかった、一応ね」

ミサエ「ポン太様?(笑)」

ポン太「はい、ポン太様でございます」

ミサエ「一応確認しとかなきゃね(笑)」

ポン太「一応ね、なんか「サザエでございまーす」みたいになっちゃったけど」

ミサエ「(笑)」

ポン太「でもよかったよ、ちゃんと見つかって」

ミサエ「ん?」

ポン太「いや、見つかんなかったらどうしようって不安だったから」

ミサエ「全然不安そうな感じしなかったけどね(笑)」

ポン太「顔に出ないんだよ、朝から不安で不安で(笑)」

ミサエ「ほんとかな(笑)」

ポン太「もうそりゃね、緊張の連続ってやつですよ」

ミサエ「緊張とかしなさそうだけどね」

ポン太「待ってる間緊張しながら、巨乳の子通る度に「ミサエ来たのか?」って一回一回ドキッとしてたからね」

ミサエ「(笑)(笑)(笑)それ、女の子のおっぱいばっか見てたってことじゃないの?(笑)」

ポン太「アホか!ミサエが巨乳って分かってたからだろ」

ミサエ「(笑)」

ポン太「お前だってオレが巨根って分かってたら通りすがる男の股間じぃぃぃっと見るだろ?」

ミサエ「見ません(笑)(笑)(笑)」

ポン太「見ないか(笑)」

 

しょっぱなから下ネタで盛り上がるという、
なんとも下品過ぎるスタート(笑)

 

あ、これ、
LINE教育が出来てるからこその技で
教育ができてない段階でこれやるとドン引かれるので!

 

気軽に真似はしないように(笑)

 

もうここまで来たら、
直ホでもいいくらいだけど、
一応、飲む約束してたし、飲みたかったし、
予定通り居酒屋へ行くことに。

 

■居酒屋 IN

 

Hカップ巨乳人妻との和みトーク

ポン太「ほんと自由人っぽいよね」

ミサエ「なんで自由人?(笑)」

ポン太「やっぱ雰囲気出てるよ」

ミサエ「えぇ~~」

ポン太「自由人じゃないとパートの面接帰りにオレとこうしてここで飯なんて食わないでしょ」

ミサエ「普通はおとなしく帰って晩御飯の準備とか?(笑)」

ポン太「普通の奥さんはそうだろうな」

ミサエ「普通じゃないって?(笑)」

ポン太「普通じゃないだろ(笑)でも普通ってつまんなくない?」

ミサエ「普通すぎるのもねー」

ポン太「そそ、柔軟性あるくらいの方が楽しいでしょ」

 

この会話の中で僕が人妻ミサエに、
旦那以外の男と体の関係を持つことに対して
ハードル下げをしているの分かりますか?

 

「でも普通ってつまんなくない?」

 

っていう部分!

 

この一言があるだけで、

 

「今夜この人とセックスしたとしても
この人は私の事をふしだらな女なんて思わないな!」

 

とこんな風に思わせることができ、
相手の女としてのプライドが保たれます。

 

ホテルオファーの時もそうだけど、
それ以前に、出会い系で男と会って
今こうして一緒に飯を食ってる、

 

その行動そのものに対しても
こちら側は、しっかりと肯定をしている、

 

その理由付け→(普通はつまんない)
としても意味をなしているわけです。

 

こういうちょっとした気遣いって、
実はすご~く大事なんですよ。

 

この人妻ミサエ
はそんなでもないけど、

 

ガードが堅めの子になればなるほど、
相手のプライドを保つための
一言があるかないかで
ベッドインへの成功率が全く変わってくるのですね!

 

巨乳人妻との旦那トークからの下ネタトーク

ポン太「こうやってるとこ旦那に見られたらオレ胸ぐら掴まれたりする?」

ミサエ「しない(笑)」

ポン太「テメェ誰の女に手出してんだよって」

ミサエ「しない(笑)」

ポン太「マジで?」

ミサエ「そういうタイプの人じゃないよ」

ポン太「あ!そうなんだ。」

ミサエ「うん」

ポン太「草食系?」

ミサエ「ああ、かも」

ポン太「夜も?」

ミサエ「う~ん、求めてくるには求めてくるんだけど(笑)」

ポン太「ど?」

ミサエ「わかんない(笑)」

ポン太「なにか言いたそうだな」

ミサエ「自分ばっかみたいな」

ポン太「勝手に1人で逝ってんじゃないわよって?(笑)」

ミサエ「(笑)(笑)」

ポン太「この租チンめ!って?」

ミサエ「大きさとかは全然気になんないんだけど、」

ポン太「うん、太さ?(笑)」

ミサエ「違う違う(笑)、じゃなくてそういうのも全然いいんだけど、動きが単調で、(笑)」

ポン太「ぱんぱんぱんぱんぱんぱんって?←(手で叩いて音を出す)

ミサエ「(笑)(笑)(笑)」

ポン太「リズム一定一気にドンッみたいな?」

ミサエ「(笑)(笑)(笑)言わんとしてることはわかる」

ポン太「要はいきなりスタートダッシュかまして世界新記録狙ってるウサイン・ボルトみたいな感じってことでしょ?(笑)」

ミサエ「なにそれ(笑)」

ポン太「入れました、一気に高速ピストンからの~そりゃぁぁみたいな」

ミサエ「(笑)(笑)(笑)(笑)」

ポン太「ちがう?」

ミサエ「そんなに早く動かなくていいから、もうちょっと丁寧にゆっくり時間かけてくれたらなぁみたいな」

ポン太「だからそうじゃん。どんどんどんどんそりゃぁぁはちょっと…みたいな」

ミサエ「そりゃぁぁってなに(笑)(笑)」

ポン太「ここからそりゃぁぁって(おしぼりを指さしながら)

ミサエ「ちょっとーー(笑)(笑)(笑)なにこれー」

ポン太「無意識に作ってた」

ミサエ「どう考えても意識的にだよね(笑)」

ポン太「ここからそりゃぁぁ」

ミサエ「(笑)(笑)(笑)」

ポン太「旦那のこんな感じ?」

ミサエ「ぜんぜん違う」

ポン太「形?大きさ?」

ミサエ「ここの皮がこう被ってる(笑)」

ポン太「旦那包茎なの?」

ミサエ「勃っても剥けないから、手で剥いてあげてる(笑)」

ポン太「優しいじゃん」

ミサエ「ポン太君のはこんな感じなの?」

ポン太「確認してみ」

ミサエ「えええ、確認するのー?」

ポン太「バカ、ここでじゃねーよ」

ミサエ「(笑)(笑)」

ポン太「ヤバい、お前のおっぱい見てたらこんなんなっちゃった(笑)←(股間を指さしながら)

ミサエ「変態ーーーー(笑)」

 

説明不要の、
居酒屋のおしぼりを使った、ちょっとした小技です(笑)

 

おしぼりでこれ作れるようになると、
無条件で下ネタに移行できます。

 

即系の女の子ならめっちゃテンション上がってキャーキャー喜ぶし、
真面目系の女の子なら恥ずかしがる感じがめっちゃ萌えます。

 

今回の場合は、
もう駆け引きする必要がなかったので
特に何も考えずにちんこおしぼりを作ったんですけど、
いきなり作るのはさすがにちょっとリスクがありますよね(笑)

 

なので、

 

ちんこの他に、ひよことかも覚えて、

 

「これ、なんでしょう?」

 

って感じで形当てクイズから
最後のオチにちんこを持ってくる。

 

これが一番無難ですよ。

 

って、なんか真面目に語ってて恥ずかしくなってきました(笑)

 

 

退店後、

 

特にクロージングをする事もなく
巨乳人妻ミサエの手を取り、そのままラブホテルへ。

 

もちろんグダな~し!!

 

 

■ラブホテル IN

 

部屋に着くやいなや

巨乳人妻ミサエがドエロモードに突入!

 

いきなりちんこを触りながらのディープキス。

 

この時僕は、

 

人妻がなんでセックスが上手なのか?

 

それは、基本彼女らは欲求不満だから
それが解放された時、その反動からエッチ時の行為が
より大胆になるからなんだろう。

 

テクニックよりもそっちの方が大きいんじゃないかな。

 

こんな事を考えていました。

 

「挟んでしてあげよっか?」

 

予想以上のスタートダッシュにちょっとびっくりなポン太!

 

自慢のおっぱいでパイズリするのが好きなのか?

 

Hカップに挟まれて
シコシコされると予想以上に気持ち良くて、
上目遣いのミサエが「気持ちいい?」
とか聞いてくるから余計に興奮した。

 

しかも僕の我慢汁を指ですくって亀頭にぬりぬりしながらだ…

 

もうガマンできなくなって
僕はベッドに巨乳人妻ミサエを押し倒し
スケスケのパンスト、パンツ、ブラだけうを脱がして挿入。

我慢できなくてせかせかハメたのが逆に母性本能をくすぐったのか、

 

あははは、早い、んふふふ、あぁ、んははは

 

と最初笑いながら喘いでいた。

 

マンコを弄ったりしなかったから
ちょっと濡れが甘いんじゃないかと少し不安もあったんだけど、
そんな不安は一瞬で吹き飛んだ。

 

もう既にマン汁ビショビショ状態!!

 

かなり突きやすかった。

 

パン!パン!と音がする度に巨乳人妻ミサエの
Hカップのおっぱいがぶるんぶるん揺れて。
もう見てるだけでえもかなりエロかった。

 

両手でわしずかみにしても溢れるくらいの大きさで、
僕の手はずっとHカップの巨乳から離れることなくセックスをしてた。

 

あまりにもエロいからすぐにイキそうになって、腰のフリを最高速にすると、

 

あぁぁぁああん、逝くぅ逝くぅ、
あんあんあんあんあんあぁぁぁん

 

イキそう

 

中に出して中に出して中に出して…
大丈夫だから…大丈夫だからぁぁ…
あんあん…中に出してぇぇぇ

 

人妻がまさかの中出し懇願!!

 

僕はそのまま
人妻ミサエのビラビラに優しく包まれた
肉棒を抜くことなく、

 

ドピュッ

 

っと射精。

 

その後、ベッドで1時間くらいイチャイチャおしゃべり。

 

その会話の中で、

 

ポン太「大丈夫って言葉信じたんだけど、ちゃんとピル飲んでるんだよね?」

ミサエ「飲んでないよ(笑)」

ポン太「え?…安全日?」

ミサエ「ん~でもないかな」

ポン太「それヤバいだろ?」

ミサエ「大丈夫だと思うよ」

ポン太「いや、大丈夫じゃないだろ」

ミサエ「そういう意味じゃなくて、旦那あれだもん」

ポン太「ん?」

ミサエ「コンドーム着けたり着けなかったりするから別にバレないよ」

ポン太「えっ?どういうこと?」

ミサエ「もしできちゃったとしても自分の子だって思うよ絶対」

ポン太「お前それさすがにダメだろ」

ミサエ「(笑)でも出しちゃったもんはしょうがないじゃん」

ポン太「いやそうだけど(笑)お前普通しないだろ」

ミサエ「普通ダメって言ってたじゃん(笑)」

ポン太「いやー(笑)」

ミサエ「ポン太君には迷惑はかけないから大丈夫だよ」

ポン太「だけどなお前…」

ミサエ「ポン太君に似てたら「あ、ポン太君の子だ!」ってそれはそれで楽しそうなんだけど(笑)」

ポン太「(笑)」

ミサエ「旦那と仲良くポン太君の子供育てるよ(笑)」

 

いやーーー!!

 

まさかここまで驚かされるとは今回想像もしていませんでした。

 

ちょっとヤバいっていうか、

 

面白過ぎでしょこの人妻!

 

でも、不謹慎にも、
僕の子だって知らずに巨乳人妻ミサエの旦那が
僕の子供を育ててる姿を想像したら興奮しちゃった…

 

こんな話をしていること約1時間、

 

ポン太君の赤ちゃん欲しい!

 

って言いながらミサエはHカップの胸を僕の腕に押し付けてきた。

そして、自分から乗ってきて騎乗位で腰を振り始めた。

 

騎乗位でよりHカップ巨乳おっぱいが揺れ興奮度が上がる!

 

刺激的なハプニングがあった上、そんな事言われた後だ!

 

2回戦とはいえ、

 

僕のちんこは
フル勃起MAXビンビン状態!!

 

たった1時間で
貯蔵庫(金玉)の中は精子満タンだ!

 

どうやら彼女も気分が盛り上がりすぎていたみたいで
腰を振り始めてからしばらくしたら勝手にイってた。

 

僕は中途半端に終わらせるのが嫌だったから、
巨乳人妻ミサエが逝ったタイミングで下から突きまくって、
おっぱいを揉みしだきながら逝った。

 

イク瞬間に彼女がチンコを口に含んで
ジュボジュボしてきたから口内発射になった。

口から垂れてくる精子が
Hカップのおっぱいにタラーッ垂れてマジでエロかった。

 

ちゃんとごっくんもしてくれて大満足のポン太だったのである。

 

この子は色んな意味でキープしたいですね(笑)

 

人妻とセックスフレンドっていう響きだけでも
日常に刺激を与えてくれますよね!

 

※真面目にセフレにしようか迷い中…

 


今回のミサエのような人妻と、
手っ取り早く知り合う方法は言うまでもなく出会い系だ!

 

今回僕が巨乳人妻と出会った場所はこちら

 

※音が出ます(ミサエとの音声)

 

 

PS

巨乳人妻ミサエに
旦那とのセックスを終始報告させるという
変態じみたことをしてみました(笑)

(誤爆が怖いっていうことで報告は
LINEじゃなくてカカオを希望してきました。)

 

ふざけず真面目に報告するようにと命令しました。

 

彼女がどんどんどM化しているのが分かります。

 

旦那じゃこんな調教はできないだろうなぁ。

 

巨乳人妻のミサエは
旦那とセックスしている時に
僕のことを思い出して興奮しちゃったそうです。

 

それを聞いた僕も興奮(笑)

 

旦那は嫁のまんこに自分のちんこが入ってる時、
まさかミサエが他の男のちんこを想像しているなんて
思ってもみないはず!!

 

ヤバい、また勃起してきた(笑)

 

 

 

 

PPS

読者さんからの報告を紹介。

 

読者
読者

凄すぎますwww

女友達の脚にぶっ放しました…。

いつもおっとりしてて天然入ってる子なのにめっちゃSでそれが逆に興奮しちゃいましたwww

最強の会話術も買いましたが本当に買ってよかったです!

目からウロコとはまさにこのことでした!

僕もポン太さんのようになれるようにもっとがんばります!

 

 

ポン太
ポン太

ありがとうございます。

個人情報は伏せるので、このメールをブログに載せてもいいですか?

 

ほんと僕の読者はみんなエロいなー(笑)

 

 

 

PPPS

この統計データを見ると、
出会い系アプリで一番激アツなのは10月っぽいけど、
ぶっちゃけ右肩上がりの市場だから
そんなにアテになんないかなーって思う。

 

個人的には3月、8月、12月は特に入れ食いシーズン。
質がいいのは3月、4月、12月な気がする。

 

だから今が"最も"出会い系アプリに適している時期かなと。

 

僕のこれまでの経験からくる感覚を信じてくれる人は
すぐにでも出会い系アプリを活用してみてください。

 

出会い系アプリで
"最短最速"でセフレを作るための"必須道具"
『LINEテンプレート』はこちら

※ポン太限定特典あり