19歳の清楚系JDをカラオケ→ホテルでGET。準即。

本日は面白い感じのアポでした。

この子とは3週間前くらいに改札辺りで声掛けして、ビタ止めバンゲ。
僕が何を話しても笑ってくれる子(笑)

ラインでも必ず最後の語尾には(笑)がついている。
ナンパをしているとたまにこういう子と出会うことがあります。

 

んで、本日はその娘とアポ。

大宮駅で待ち合わせでした。

 

ポン太「あれれー??めっちゃ、大人っぽくなってるじゃん!!」

「そう…?照」

ポン太「うん!びっくりしたよ。
       あの時より全然、大人っぽい雰囲気が増してるよ♪」

「ありがとう♪」

ポン太「俺と最初に出会ってから、何かあったのか?笑」

 

 

会ってからはラインで話したネタなどの話題で立ちトーク。

 

 

 

 

んで、そのあとどっかいくかーとなり、カラオケへ(笑)

 

 

ちなみに基本的にラインでは、
仲良くなって落とすとか考えなくて良いと思います。

それよりも、ラインだったら「アポ取りする為のツール」程度に考えとくといい。

 

最低限会えるようにしておく事、そこまでで十分。

あとは、会ってからそれ以上のことをしていけばいい。

そのほうが失敗しない。

 

ラインで和みたくて、食いつかせたくてつい下手打ちしてしまう事もありますからね。

んで、カラオケ入店。

 

それからはいつものように、和み→恋愛話→シモネタです。

その後は、エロモードにさせて、カラオケの段階でSEXすることが確定。

後は手を繋いでカラオケを出て、ホテルイン。

 

勝利確信。

ちなみにカラオケに入ったのに一曲も歌っていません(笑)

ホテルの部屋に入ってからは、いきなり後ろから抱きつく。

 

そして、キス…。。

女はいやらしい声を徐々に出しはじめ、感じ始める…。。

 

 

ポン太「気持ちよくなってきたんだろう…?」

「……うん(照)」

 

 

ビクンビクンと小刻みに動く細い身体は、俺の股間を膨れ上がらせる。

 

そして、静まり返った部屋に響く女の喘ぎ声はたまらない。。

よし、このタイミングだ。

 

僕が持参しているバッグの中に入った大きなバイブを見せつける。

 

 

ポン太「ね!!これみて。こういうの好きでしょー!!」

「えええ…なにこれー(笑)。。こんなの持ち歩いてるの?(笑)」

ポン太「そんなわけないじゃん(笑)今日はたまたま持っていたんだよ(笑)」

 

 

そして、そのバイブのスイッチをONにして、まずはお尻にあてる…。。

このままアソコに徐々に近づけていくと、
女はもうダメといいながら両足から崩れ落ちる(笑)

もうここまできたら、プレイ開始だ…

ベッドに押し倒し、服を脱がし、ブラを取る。柔らかい大きな胸、
そしてピンクの色の乳首がようやく姿を表す…。

 

やはり19歳の胸は素晴らしい。

 

もうその時点で僕は興奮マックス状態になり、
キス…胸……下半身へ刺激を与える。。

 

手マンしたら、さきほどのバイブ効果なのか分からないけどものすごくびしょ濡れ。

 

これを大洪水状態というんだろうな。。

 

 

 

 

無事に挿入。二発発射。

準即完了。

一発目は寝バック。二発目は正常位でした。

身体は細いのに胸はDくらい。なおかつ、胸はD。

大満足なアポでした♪